幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-31

   

 全てが平和になろうとしていたが、それと同時に旬介の気持ちは揺れていた。

 時代伝奇ストーリー!

 

「ねーねー、お祭りは?」
「オラ達は、祭りじゃねぇよ。祟り神の神社を作ってるんだ。もう、悪させんようにな。若も、悪さしたら神社に閉じ込めれちまうぞ」
「やだやだ。俺、いい子だよ!」
「そうか。ははっ」
「お祭りはしないの?」
「やるぞ。やるが、女共がおらんとなあ。今年も収穫はないが、祟り神が収まったんだ。里の収穫じゃて、収穫祭をやるのじゃ」
「楽しみだね」
 無邪気に、旬介は里を走り回った。何もかもが新鮮だった。
 空が赤く染まり、烏が鳴いた。
「旬介、そろそろ帰らないと」
 新月が、旬介の袖を引いた。
「あ! わすれてた」
 旬介の叫びに、新月は首を傾げた。
「あのね、前のお家に。大事なもの忘れたの。それを取りに行くとこだったんだ」
「今から?」
「走れば大丈夫だよ!」
「でも、すぐ暗くなるよ。蜃様を呼んでこようよ。一緒に来てくれるよ」
「新月、先に帰っててもいいよ」
 新月は、少しムスッとした。
「蜃様に、言いつけてやる」
 今度は、旬介が怒った。
「新月、いっつも兄上の事ばっかり! 新月は嘘つきだ! 針千本飲まないといけないって言ったの、新月なのに!」
 嘘つき呼ばわりされ、新月も怒った。
「私、嘘なんてついてないもん!」
「嘘つき! 嘘つき! 嘘つき!」
 新月は、泣きながらその場を走り去ってしまった。
 すっかり臍を曲げた旬介は、赤から紺に変わり行く空の下、一番星も無視して里の外れに向かって走り出した。

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品