幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-32

   

 葛葉によって、紗々丸の母の行方は判明するも、それは幼い少年にとって、残酷な結果だった。

 時代伝奇ストーリー!

 

 晴明は残りの食事を済ますと、茶を啜り、部屋を出て行った。
 見れば、旬介のお膳は殆ど手つかづのままだ。新月も半分くらい残っているし、蜃に至ってはこれからと言うところだった。
「新月、父上が戻ったら、旬介に残りの膳を運んでやってくれ」
「うん」
「よし」
 2人で夕餉の続きを始めたところで、葛葉と少年が戻ってきた。
 綺麗になると、その摩訶不思議な容姿が際立って見えた。
 金色の髪に、青い目に、日本人にしては彫りの深い顔立ちと白すぎる肌。
「遠い昔、聞いたことがあるのだ。遥か彼方の遠い国、南蛮に、金や赤の髪を持ち、緑や青の目を持つ人がおると。この子は、南蛮の血を引く子かもしれぬ。母は、夜鷹だったそうじゃ。村から離れたところに、南蛮人が出入りする港があったそう」
「名はなんという?」
 蜃が問うた。
紗々丸しゃしゃまるだ」
 紗々丸は旬介の姿が見えない事が気になったのか、キョロキョロしていた。
 それを察したように、葛葉が蜃に旬介と晴明について聞いた。
「臍を曲げて出て行ったよ。今は父上が宥めていると思う」
「そうか」
「旬介は、酷いヤキモチ焼きなようだな。俺はすっかり嫌われてしまった」
 葛葉が申し訳なさそうに、すまんな、と謝った。
 葛葉は紗々丸に、腹一杯食事を与えた。食べ終わると同時に、紗々丸は電池が切れた玩具のように、その場でぐうぐう眠ってしまった。よっぽど、疲れていたのだろう。その後は、蜃が抱いて布団まで運んで寝かし付けた。
 蜃も眠る準備を整え、部屋で布団に入ろうとしたところで、無言の旬介が蜃の部屋の障子を開けた。
 昼間も言ったのに、またかと思ったが、今は怒る気にもなれなかった。
「どうした?」
 旬介は昼間の着衣のまま、目を腫らしてムスッと立っていた。
「父上にも、叱られたのか」
 優しく問うと、旬介の目からぽろぽろ涙が零れた。そして、消え入りそうな声で。
「ごめんなさい」
 の、一言が聞こえた。
「俺は、旬介とも仲良くしたいんだぞ。同じくらい新月とも仲良くしたいのだ。けど、旬介から新月を取ろうなんて思ったこともない。父上も母上も、取った覚えはないぞ」
「取らない?」
「取らないよ」
「ほんと?」
「本当だ」
「ほんとに、ほんと?」
「本当に、本当だ」
 すっかり機嫌が直ったのか、旬介が泣き止むと、後から見計らったように晴明が現れた。晴明もまた昼間の着衣のままだった。
「よし、ちゃんと仲直りできたね。じゃあ、寝るぞ」
「じゃあね、兄上。おやすみ」
「おやすみ」
 蜃がホッとして、旬介と晴明を見送りながら障子を閉めようとすると、お膳を持った寝間着姿の新月が見えた。晴明との話が終わるまで、ずっと旬介を待っていたようだった。
 旬介が部屋に戻るのを見計らったかのように、新月が後をつけて行ったのが見えた。あとは、晴明が上手くやるだろう。後のことを蜃は知らないが、次の日の朝餉を一緒に食べていたから、あの後仲直りしたんだろうと思った。
「紗々丸、これからどうする?」
 朝餉を食べながら葛葉が紗々丸に問うと、紗々丸はご飯を食べる手を止めた。
「母ちゃんを探さないと。村が焼けて、家も焼けて、母ちゃん泣いてるかもしらん」
「村はここから遠いのか?」
「うん、たぶん。荷車に隠れたり、歩いたりして、何日も経った」
「よくここまで来れたな。食べ物はどうしていた?」
「途中、お供え物盗んだり、畑から盗んだり、あと知らない婆ちゃんがたまに何かくれたりしたよ。なあ、母ちゃんはどこにいるだろうか」
「それは、私達にもわからんよ」
「そうか。じゃあ、これ食べたら俺は行く。母ちゃん、病気なんだ」
 言うと、紗々丸は続きを食べ始めた。
 恐らく、もう紗々丸の母親はこの世にいないか、何処かに売られてしまった後だろう。
「紗々丸の母上も、目が青いの?」
 旬介が、なんとなしに聞いた。
「母ちゃんは、黒い目だったし、髪も黒かったよ。俺は父ちゃんによく似てるって言ってた。父ちゃんは、死んだんだって」
「寂しい?」
「俺は強いから、大丈夫だ!」
 食事を食べ終えると、他の者がまだ食べている中、紗々丸は母親を探すために屋敷を出ていこうとした。それを、葛葉が引き止めた。
「待て。私が探すのを手伝ってやろう。お前はここで待つといい」
「ほんとか! でも、母上見つかるかな」
「探してみなけらばわからんが、お前の母上もお前を探しておるかもしれぬだろう。あまりウロウロしておっては、母上もお前を見付けられんぞ」
「そっかー」
 気丈に振舞ってみても、内心は不安でしょうがなかったのかもしれない。安心したのか、それまで強ばっていた紗々丸の顔が緩んだように見えた。

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク