幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-33

   

「そういえば、葛葉は昔言っていたな。大人の勝手で、天に召される子がいなくなればよいなどと。だから、ほっとけないのだろう」

 時代伝奇ストーリー!

 

 紗々丸の持っていた茶菓子がポロッと床に落ちた。
「そうではない、戦に巻き込まれたのだ。お主のせいではない」
 葛葉は紗々丸を抱きしめると、紗々丸の頭を撫で続けた。
「お前の母のようにはなれんが、これからは私がお前の母になってやる。ここで、育てばいい」
 葛葉の言葉が紗々丸に届いたかどうかはわからない。泣き止むと同時に、紗々丸は泣き疲れて眠ってしまった。
 暫くして、心配した晴明が葛葉の部屋に来た。後から、新月や旬介も顔を覗かせている。
「ショックが大きかったのだ。今は泣き疲れて眠っているが、起きたら暫くはどうなるか……。暫く、一緒に寝てやろうかと思うのだ」
 葛葉が言うと、旬介は葛葉に飛びついた。
「俺も母上と一緒に寝る!」
 葛葉の言葉を待つ前に、晴明が旬介を抱き抱えた。
「お前は、俺と寝ような」
 ちょっと不満そうにしながらも、旬介はこくりと頷いた。
「じゃあ、紗々丸を頼んだ」
 部屋を出ると、外で聞いていたのか、蜃が晴明に話し掛けてきた。
「この里には、迷い子はよく来るものなのか?」
「そうだな、ここは人里離れた隠れ里であろう。ここに里がある事を知らないものも多い。この子が育ったあの場所は、元々は捨て子を受け入れる為に建てられた祠だったのだ。戦や飢餓で捨てたれた子が安らかに眠られるよう、せめてもの慈愛でずっと昔に建てられた祠。この里には幾つもあってな、外ではここに捨てに来れば救われると信じられているようだ」
「捨てられた子はどうなったのだ?」
「運が良ければ、この里の住人となっているものもおるし、運が悪ければ天に召されている。そういえば、葛葉は昔言っていたな。大人の勝手で、天に召される子がいなくなればよいなどと。だから、ほっとけないのだろう」
 ふうん。と聞いた蜃の横を抜けて、晴明は部屋の奥へと歩いていった。
「蜃様は、何を考えておられるの?」
 残された新月が、蜃の着物を引いて尋ねた。
「いや、このままどこまで兄弟が増えるのかなと思ってな」
「嫌ですか?」
「嫌ではないが、キリがないのではないかと思って」
「キリがない?」
「ああ、何れ屋敷が子供で溢れてしまうなと」
 すっと、葛葉の部屋の障子が開けられた。
「心配するな。私も考えがあるのだ」
「あ、母上」
「人の部屋の前でブツブツ話しておっては、紗々丸が起きてしまうぞ。あっちで、旬介に武術でも教えてきてやってくれ」
「はーい」
 葛葉に咎められた蜃を見て、新月はくすりと笑った。

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

おすすめ作品