幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-34

   

葛葉達の案により、旬介達と新月達による、夫選びが始まった。

時代伝奇ストーリー!

 

 子供が増えれば増えるほど、毎日が賑やかに慌ただしく過ぎていった。
 富子達の事も遠い昔の記憶となり、幾つもの季節が巡るたび、幼かった旬介達も大人びた顔付きへと変わっていった。
 すると、流石に屋敷も狭くなった。
 そろそろ、この生活も潮時だと思った。
 そして、葛葉と晴明と蜃は話し合い、里をまとめるべく皆を集めた。
「そろそろ、この生活を終えようと思うのだ」
 皆がざわついた。
「案ずるな。これから、今後の事を話すぞ。これは、お前らが小さかった頃から決めていた話だ。強いていえば、まだ旬介が寝小便垂れとったころかな」
「いらんこと、言わんといてください」
「これから、この里に屋敷を5つ建てるつもりだ。屋敷が出来次第、それぞれその屋敷に移住せよ」
 蜃が、大きな紙に描いた図面を広げた。そこには、5つに分類された里に、点が6つ付けられていた。
「このように、里を5つに分ける。それぞれ、麒麟領に旬介、青龍領に紗々丸、朱雀領に藤治、白虎領に獅郎が住まう。玄武領には甲蔵(こうぞう)が住むことになるが、まだこの子は幼いからしばらくは私が晴明と共にそこに住まう。そして、中心の屋敷には蜃が住まい、最終的には私と晴明もそちらに移ることになる」
 ここまで聞いて、手を挙げたのは新月だった。何故なら、名前を呼ばれなかった女子は、新月の他にもこの場に愛路含めまだ4人いた。
「女子である私達は?」
 誰もが、新月の顔を見た。
「それぞれ、好きな男の屋敷に行くが良い。そこで、男を支える役目をするのだ。私は誰の元に行けと強要せぬ。自分等で考えるがいい」
 更に、その場はざわついた。
「まだ時は十分にある。ゆっくり互いに話し合い決めろ」
 そして、葛葉からの一方的かつ無茶にも思える話は終わった。

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品