幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-35

   

 旬介と紗々丸が見たものは、葛葉達が隠してきた災いだった。

 時代伝奇ストーリー!

 

 少し、時を戻すとしよう。
 旬介達の話は夕方になっても、結局結果は出るはずも無く、当てもなく目的もなく、落ち着きなくうろうろしていると、吸い込まれるように小さな神社に着いた。
 真新しくもあるが、薄暗く隠されるようにその神社は建っていた。最初は、その周りの変わりように気付かなったのだが、そこはかつて旬介が生まれ育った場所だった。祠の後に、その神社は建てられていた。
 実際、この神社に富子と泰親を祀っているのだが、案じた葛葉はその事を子供達には告げなかった。ただ、あの場所には二度と行くな、としか言っていなかった。
「なんだ? この神社……」
 紗々丸が呟いたあと、あっと旬介が思い出したように声を出した。
「ここ、俺が育った場所かも。お前と出会った場所」
「え? こんな事になってたんだ?」
 それを聞いた藤治が、はっとした。
「帰ろう。ここは、近寄るなって葛葉様が言っていたとこだよ。きっと」
「なんでだろうな。神社なんだから、それも変な話だよな。ちょっと参ってこーぜ」
 軽い気持ちで声に出した紗々丸の袖を、獅郎がつんつんと引いた。
「気味悪いし、俺はもう帰るよ?」
「俺も帰るよ、2人も早く帰ろう。暗くなったら怒られるよ」
 と、藤治。
「なんか、ちょっと気になる」
 嫌な懐かしさを覚えた旬介が、ぽつりと口に出した。懐かしいが、凄く嫌な気配だった。それ故にか、子供ながらの好奇心もあったのか、怖いもの見たさで妙に気になって仕方がない。
「俺、ちょっと入ってみようかな」
 旬介が、一歩踏み出した。
 それを藤治が止めようと、袖を引いた。
 それを見た獅郎は、やれやれという感じで少し離れて見守っていた。
「気味が悪いし、言いつけは守らないと。こんなのバレたら折檻されるよ」
「この年になって、折檻なんかないだろ」
 紗々丸は、笑いながら旬介の横をすり抜け、神社の鳥居をくぐり抜けてしまった。
「あ! 待てよ、俺も行くし」
 旬介も続いて藤治を振り払うと、紗々丸を追いかけて中に入っていった。
「もう! 仕方ないな。獅郎、そこで待ってて。俺、連れ戻してくるから」
「はーい」
 藤治は、嫌々ながらにそれに続いた。

 真新しい神社にも関わらず、人の手もないようで、中は草木がお生い茂り、既に荒れていた。外より一段と暗く、空気すら重く感じる。
「もういいだろ、明らかにおかしいよ。帰ろうよ。獅郎も待ってるし」
 絶叫にも近い声で、藤治は叫ぶが2人は薮を分けながら奥へ奥へとずんずん進んでいく。
「ここに、何があるのさ」
 その質問は、旬介が返した。
「知るかよ。それを見に行くところなんだから。帰りたいなら先に帰ってろよ」
「なんだよ! それ」
 必死に止めようと追いかけてきた藤治は、旬介の言葉に腹が立った。彼がその場で立ち止まったのを、2人は気付いて振り返った。
「もういいよ、俺知らないから。今から、言いつけに行ってやるから」
「なんだよそれ! 子供かよっ」
 紗々丸も、腹が立ったのか立ち止まり、今度は藤治の服を掴んだ。
「何すんだよ!」
「弱虫」
 どっと、紗々丸に突き飛ばされた藤治が藪の中倒れた。
「行こうぜ」
 少し離れて待っていた旬介に駆け寄ると、ずんずん中に進んでいく。
 藤治もここまでされたのだ。さっさと帰ろうと思った時だった。旬介の、声が聞こえた。
「祠が祀ってある。やっぱ、ここだったんだ。懐かしいな」
「なんで、こんなとこ祀ってんだろうな」
 藤治は酷く嫌な予感がし、背中に悪寒さえ走った。直ぐに逃げないといけない気さえした。
「女の人がいるんだけど?」
「え? ホントだ。どうされました?」
「なんで、泣いてるんですか?」
 姿の見えない、旬介と紗々丸の奇妙な会話だけが聞こえる。
 藤治の全身から血の気が引き、身体が僅かながら震えた。嫌な気しかしない。
 この場所に、人がいるはずがないのだ。何故なら、荒れた道もないような場所。そして、道のようなものがあるとしたら、自分たちが歩いてきた場所くらいしかない。そして、長らく誰一人近づいてさえいない様子なのに、そもそも泣き声などしないのだ。
「そんなに、泣かないでください。閉じ込められたんですね。今開けますよ」
「誰がこんな酷いことを? いつからですか」
 2人の奇妙な会話だけが続く。
 さわっと揺れた草の音。風で揺れた草の音さえ聞こえるほど静寂しているのに。
「もう無理」
 半泣きになりながら、藤治は来た道を戻ろうと後退りを始めた。

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク