幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-40

   

「お前は理解されてばかりだからな。蜃にも、新月にも。今度はお前が理解する側になる事が必要なんじゃないか」

 時代伝奇ストーリー!

 

 晴明にしろ旬介にしろ、葛葉にとっては出会ってから1度も離れた事のない2人であった。だから不在の間が、想像以上に寂しかった。時折、葛葉の落ち込む姿を見て、蜃は心配していた。
「けど、ようやく会えますね。今夜はご馳走にしましょうか」
「そうだな、それがいい。風呂も沸かしておいてやろうか」
 葛葉が浴室に向かおうとした時だった。
「母上様」
 新月だった。
「どうした?」
「あの、旬介と父上はいつまでおられる予定ですか?」
「特には決まっておらんが……晴明が考えておるじゃろうな。どうかしたか?」
 新月は、少しだけ言いづらそうな素振りを見せた。
「どうした?」
 と、今度は蜃が問うた。
「あの……不謹慎かもしれませんが……その、丁度収穫祭があるからって」
「あ」
 と、葛葉から声が出た。
「すっかり忘れていた。晴明が戻ってくるのは、そのためだ」
 蜃が、首を傾げた。
「というと?」
「蜃よ、毎年を思い出してみろ。旬介が1番大好きなお祭りじゃ」
「ああ!」
 お祭りは3日間通して行われる。毎年、その間毎日、旬介は収穫祭ではしゃいで楽しむ。新月や幼馴染達と。それから、晴明や葛葉と。特に晴明と2人で出掛けることも多かった。
「あいつ、異様に好きですよね。収穫祭」
 葛葉と新月が、笑った。
「ああ。付き合いきれんと皆が言っても、誰かを誘って行くからなあ。夜だろうが、昼だろうが」
「でも、俺とは行こうとしませんけど」
「照れてるんです」
 新月がぼそっと言った。
「照れる? 何を?」
「前に、旬介が話してくれました。蜃様の事が嫌いで、父上に宥められた後、蜃様と仲直りしたけど、今更どうしたらいいかわからないし。でも、やっばりあの時の事は嘘かもしれない気がするから嫌だって。そういえば、あの時の事って何のことなんでしょう? 私が何度聞いても教えてくれないから」
 蜃は、苦虫を噛み潰したような顔をした。
「あ、ああ。新月は、知らない方がいい」
「え?」
 その後、新月は蜃に何度か聞いたが、やっぱり答えてはくれなかった。

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

アストラジルド~亡国を継ぐ者~レッドラット編 第8話「運命の瞬間」

   2018/09/18

鈴子 第十六回 臥薪嘗胆

   2018/09/14

探偵の眼・御影解宗の推理【サンライズ出雲・Life Game】4

   2018/09/13

探偵の眼・御影解宗の推理【サンライズ出雲・Life Game】3

   2018/09/11

アストラジルド~亡国を継ぐ者~レッドラット編 第7話「セリオ・フィズライト」

   2018/09/10