幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-42

   

 蜃の意外な弱点を見つけた旬介。
 少しだけ、兄弟の距離が縮まったようだった。

 時代伝奇ストーリー!

 

「お前が強くなったから、蜃が本気でやるしかなかったんだ。そうだろう?」
 話を振られた蜃は、なんとなく恥ずかしくなった。実力の差など、今はたいしてないことに気付かされたから。
「あ、ああ。手加減など出来んかった。気付いたら、身体が勝手に反応していたよ」
 ぷはっと、晴明が笑った。
「それじゃあ、まるで火事場のクソ力ではないか」
「…………」
 否定は出来なかった。
「さあ、旬介も。修行再開は、もう少し後だ。今年の収穫祭を楽しめ。いいな!」

 なあなあ、凄かったなっと、子供達がはしゃぐ中。葛葉は、蜃にも声を掛けた。
「お前は、怪我をしておらんのか?」
「ああ、大丈夫ですよ。けど、あいつも剣術のセンスを十二分に持っていると思います。正直、負けると思いました」
「謙遜じゃな」
「本気ですよ」
 今まで、蜃は剣術で負けたことなどなかった。剣術は好きだったし、一生懸命に稽古もしてきたが、真剣に修行などしたことが無かった。しなくても、十分強かったからだ。
 が、初めて負けるかもしれないと妙な焦りを覚えた。
「俺も、修行したいと思いました」
「修行を?」
「俺がまだ武家の家に居た頃の話です。俺も剣術の腕には覚えがあったし、正直熱血というのは苦手で。上手い具合に交わしていた相手がいました。街で1番の剣の腕と才能を持つ男が、何度も俺と勝負したいと訪ねて来ていて。そいつに今度会いに行ってみようかと。どの程度のものかなと、今ふと思い出しましたよ」
「そうか。晴明では、不足か?」
「否、不足ではありませんが、それでは手が同じ。あいつには悪いが、俺はあいつより遥か上にいていたい」
 葛葉は、首を傾げた。
「何故に?」
「さあ、理由などわかりません。けれど、強いて言うなら“兄”だから。ですかね」
 それから、その日は各々が自由に過ごしていた。遊んだり、騒いだり、出掛けたり。
 蜃は、先程葛葉に話したように、その男に会うためにと文を書いた。その文を書き終わり、飛脚に頼みに行き、帰ってきたところで旬介と新月と甲蔵を縁側で見つけた。
「おお、旬介。もう、平気か? お前達だけか?」
「とっくに平気。皆、買い物とか祭りの手伝いとかに出てった。母上が、なんか心配だから甲蔵と留守番してろって」
 旬介は、手に持っていた竹とんぼを飛ばした。が、それは飛ばずにぽとりと落ちた。
「飛ばないじゃんか」
 甲蔵が、ぷうっと言った。
「まだ、作ってる最中」
「もう10回くらいやってるし、他にもいっぱい作ったのに。へたくそ」
 甲蔵がつまらなさそうに、庭に飛び降りた。
「なんじゃ、甲蔵に竹とんぼを作ってやってるのか?」
「竹とんぼじゃなくてもいいー」
「……父上がいつも作ってくれてたから、俺もすぐに出来ると思ったんだ。難しいな、これ」
「ほうか、貸してみろ」
 旬介は、小刀と新しい竹の材料を蜃に渡した。
 作り手が変わったので、甲蔵が目を輝かせながら蜃に迫った。
「竹とんぼ、いっぱい作って。いっぱい飛ばすから」
「ようし、待っておれよ」
 息巻いた蜃であったが、実は蜃も竹とんぼを作るのは初めてだった。竹とんぼどころか、玩具を作ったこともなかった。
 作れど作れど、まともに飛ぶ竹とんぼが出来ない。それどころか、旬介が作るものよりも遥かにガタガタなものばかりで、とうとう甲蔵も拗ねてしまった。
「蜃様って、案外不器用なんですね」
 新月がぽつりと呟いた。
 蜃が、珍しく傷付いた。
 半ばヤケになりながら、蜃と旬介が竹とんぼ作りに熱中している間、遊びを変えた甲蔵が新月と蹴鞠を始めた。
 そうこうしているうちに、櫓作りを手伝いに行っていた晴明が帰ってきた。
「仲良く何をしておるのだ?」
 珍しく兄弟で、夢中で何かをしている姿を見て、晴明は興味深いとそれを覗いてた。まるでゴミの山のような竹とんぼの失敗作を見て、おおうっと思わず仰け反ってしまった。
「お前達、揃ってぶきっちょか」
「あ、父上」
 旬介が、救世主を見つけたと言わんばかりの声を上げた。
「竹とんぼ! 竹とんぼ、作り方教えてよ」
「ああ」
 その声を聞いて、蹴鞠を止めて甲蔵が晴明に飛びついた。
「兄上達、全然出来ない下手くそなんだ」
「ははっ」
 晴明は、苦笑した。晴明は生まれつき手先が器用で、それもあって子供の頃から色々な物を作るのが好きだった。
 晴明の手に掛かると、竹とんぼはあっという間に出来てしまった。晴明の竹とんぼは、空高く高く飛び、また飛ばした主の元へとちゃんと帰ってくる。
「凄い! 凄い! いっぱい作って! いっぱい飛ばすから」
 甲蔵にせがまれたのもあり、蜃や旬介に教えるのも兼ねて、晴明は何本も竹とんぼを作った。何本か作るうち、旬介は次第に上手くなり、晴明程まではいかずも、それなりの竹とんぼが出来るようになった。
 しかし問題は蜃で、いくら練習してもちっとも上手くならない。終いには嫌気がさして、それを投げ出した。
「兄上にも、出来ないことがあるのだな」
 不機嫌な蜃とは変わって、旬介は嬉しそう。
 子供のように膨れながら、蜃は自室に篭った。
「旬介、あんまり蜃をからかうな。お前と違って、あいつは慣れとらんからな」
「だって、折角兄上の弱点見つけたんだもん」
「お前な」
 晴明が、旬介をコツンと小突いた。
 その後、皆が帰ってくるも、蜃は妙に不機嫌なままだった。
 
 

*****

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

おすすめ作品