幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ハードボイルド

前園珠里探偵物語 夜の顔、昼の顔③

   

角田が逮捕され、珠里と設楽警部の決着がつく時がきた。
珠里は角田を確保できるのか? 設楽警部はデータを確保できるのか?
『夜の顔、昼の顔』完結。

 

 
 熱烈に求められた翌朝のこと。
 スマホを見ていた角田が、リビングで絶叫した。
「金が! 金がない! 全部、抜かれた!」
 角田の慌てぶりに設楽警部も目をみはり、同時に緊急で〝上司〟に伝えると決めた。山上会の連中が動いたらしい。もはや盗聴器とカメラを気にしている余裕はなかった。この集音器とカメラで、向こうは動いたのだ。こちらも意趣返しをしなければならない。
「落ち着いて。抜かれたって、どういうこと? なにがあったの?」
 あくまで心配する風を装っていたが、角田は完全なパニックに陥っていて、子どものように膝にすがりついてくる。
「あざかは! あざかは俺のこと捨てないでいてくれるよな! な!?」
「ちょっと……落ち着いて。どういうことなの?」
「会社の……〝顧問〟が金を抜いて逃げたんだ」
「顧問を訴えればいいじゃない」
 あえてとんちんかんな、わかってないですよ、というふりをしてみせると、角田は一瞬、きょとんとした顔をした。それでいくぶん冷静さを取り戻した。
「ああ、そうだな。そうだ。そうしよう……ちょっと、頭冷やしに出てくるよ」
「うん……なにかあったら連絡して」
 角田が真っ青になって出ていくと、あざかは設楽警部に戻り、ウォークインクローゼットの衣装の〝中〟に向かった。防犯カメラの死角に入り込み、山上会側が動いて角田の金を止めたこと、一斉検挙は今がチャンスであること、また、角田の包帯に触れ、角田の身が危険であることをメールで送信した。特捜部はすぐに角田確保に来るだろう。一刻も早く山上会に踏み込んでもらうしかない。アドバンテージは山上会が持っている。設楽警部はしばらく考えたのち、一時的に角田をメールで家から遠ざけ、寝室のコンセントタップを開いた。ころりと小さなカメラ兼盗聴器が出てくる。それを覗き込みながら呟いた。
「キコエマスカ? ミタ アオイサン」
 声は設楽警部にも、相楽 あざかにもまったく似ていない、スマホを使った自前のボイスチェンジャーを使った。
「ツノダ タケル ノ コトデ ゴテイアンガアリマス。コレカラ ツノダハ タイホサレマス。ソノマエニ ミタサント トリヒキヲ シタイノデス。データヲ イッシキ クダサレバ ツノダノ ミガラヲ ソチラニ ヒキワタシマス。ギリトニンジョウヲ タテマエニスル ヤマガミカイデハ ツノダノ ミガラコソガ ヒツヨウナノデハナイデショウカ」
 珠里が奇妙な声を聞いたのはまだベッドのなかのことだった。すぐさま盗聴器の周波数を無線機に合わせ、応答した。
「ミタです。ご提案ありがとうございます。そうしたいのは山々ですが、そちらが約束を守るという保証はどこにあるんでしょうか?」
 ザーというノイズに混じり、『ヤマガミカイ イッセイケンキョノトキニ ワタシヲ サガシテクダサイ』と返ってきた。
『ワタシハ ドコニデモイテ ドコニモイマセン。ソノタメ ソシキノナカデモ ジユウガキキマス。コレヲ オヤクソクト トッテイタダクコトハ デキマセンカ。オアイデキナケレバ コノハナシハ ソノママショウメツシマス。スベテハ ミタサンノ ハンダンニ カカッテイマス。ツウワヲ シュウリョウシマス』
 ぶつっと一方的に切れ、珠里は起き上がりながら、笹倉に連絡を取った。
「山上会に一斉検挙が入るのいつだかわかる? それから今から言うことを組長にお願いしてくれる?」

 
 設楽警部は角田に帰ってくるように促し、紅茶を淹れて、落ち着かせた。いくつか角田が隠している断片的な話を聞き、うなずき、手を握って大丈夫だから挽回できるという言葉を言い聞かせた。
「家、しばらく買えなくなったけど、ごめんな」
「ううん。いいから。それより会社の回復のことを考えよう?」
 ピピッとアラームが鳴った。設楽警部の〝撤退〟の時間だった。
「あれ、会社から電話だ。ちょっと出てくるね。落ち着いたら、下のカフェでご飯でも食べよう」
 うん、というのが設楽警部が最後に聞いた角田の言葉だった。設楽警部がマンションのエントランスを後にするのと、特捜部が流れ込んでくるのは同時だった。これから起こることは設楽警部には関係がない。これからのことが重要なのだ。彼女は早々に姿を隠した。

 

-ハードボイルド
-, , ,

シリーズリンク

前園珠里探偵物語 夜の顔、昼の顔 第1話第2話第3話

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品

Egg〜スパイの恋人〜END

44口径より、愛を込めて episode1

44口径より、愛を込めて episode24

南関東文科大学 タイムカプセル発掘隊 第四話 企業内要塞学校(12)

アゲハ蝶 episode5