幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

現代ドラマ

鈴子 第九回 明暗

   

 
「大分かあ・・」

山形所長は事務所に届いた視察旅行のFAXを手にしていた。
訪問先、面会相手など、文句のつけようがない。さすがに4回生議員だ。

しかし、彼は政治資金と称して飲食代に1,000万円を超える支出を平気で計上する、「厚顔無恥!」と言われた男だ。
視察に行けば、きっと羽目を外すに違いない。

だから、健一にはあまり深い付き合いをして欲しくない。

「池田さんには気をつけなさい。」

山形所長は雅代が心配していたことをもう一度思い出していた。

 

-現代ドラマ
-, , , , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

  1. 丸山 利子 より:

    推理小説の様な話しの展開で最後まで一気に読みたい内容です。 また次回が楽しみです。

     

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品