幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-49

   

今度は蜃が、屋敷を去った。必ず帰ってくると、言い残して…

 

「皆が悲しみに包まれてます。早く遺体を埋葬するべきです」
 そう言い放つと、獅郎はその場から立ち去った。
「晴明殿」
 枯れたと思った涙が、再び溢れ出す。誰よりも辛いのは、葛葉なのかもしれない。
「私がもっと早くこの里を離れてさえいれば、貴方は死なずに済んだのでしょうか?」
 問い掛けても、返答などあるはずも無い。
 葛葉は、あの日以来、晴明の部屋の前を通ることさえ出来なかった。部屋の障子が見えるだけで、呼吸が止まりそうになる。いっそ、悪い夢を見ているだけならいいのにと何度思った事か。
 この日も、晴明の部屋が見える手前の廊下の角で立ち止まっていた。
「母上」
 旬介だった。
「兄上が、今夜父上を埋葬すると言ってるよ。もうそろそろ埋めないと、腐敗が進むからって」
「そう……なのか?」
「うん。今日で最期だから、最期くらい顔見てあげてよ」
 葛葉は、痛々しい表情で顔を背けた。
「早く」
「ちょっ!」
 葛葉の静止を聞かずに、旬介は強引に彼女の手を引いた。
 振り解けないくらい、いつしか強くなったその手に驚いたが、広くなったその背中にもっと驚いた。
 そして、旬介によって晴明の部屋に入れられる。そこは異臭を誤魔化すための香が焚かれており、馴染みの布団に軽く死化粧を施された晴明が横たわっていた。恐る恐る覗き込めば、その顔は今にも起きそうなくらい安らかだった。寝息すら聞こえてきそうな程に。
「晴明……殿」
 返事がある筈もないのに、葛葉は夫の名を呼んだ。
「なあ、晴明殿。今夜、2人で月見をせんか? なんとか里が守られたそのお祝いに、私がとっておきの酒を買うてくる故」
 葛葉は、自分でもおかしな事を言っていると分かってはいた。分かってはいたが、止まらなかった。
「さあ、そろそろ目を覚ましてくれんか?」
 触れた晴明のその頬は、まるで蝋人形のように冷たく硬い。
「もう、私の隣で笑ってはくれぬのか」
 葛葉は蹲って泣いた。それ以上、言葉すら出てこなかった。
 泣いて泣いて、日が落ちた頃。蜃が部屋に入ってきた。
「母上、そろそろ父上を運びます」
「…………」
「これ以上置いてはおけません。もう既に臭いがきついせいか、よろしくない物の影がチラホラ見える」
「……そうじゃな」
 葛葉は力なく立ち上がり、ふらふらと部屋を出た。
「新月」
 近くで様子を伺っていた新月の気配に気付いていた蜃が、彼女を呼んだ。呼ばれた新月の肩がぴくりと揺れた。
「気付いて、たんですね?」
「ああ。お前達の気配くらい読めるよ。悪いが、母上を頼む。俺は旬介達と父上を埋葬しに行ってくるから」
「先代様のお墓ですか?」
 蜃は、首を左右に揺らした。
「父上の血には、不本意ながら鬼の血が宿る。だから、恵慈家の墓には入れるなと言うのが父上からの遺言だ。だから父上の遺体は、別の場所に埋葬するよ」
「いつの間にそんな話が。何処にですか?」
「囮の作戦を考えた日の夜更けにな。今回のあらすじは、父上が予想していたものとは多少なりとも違ったが、結末は予想通りだった。俺はなんとかして回避したかったんだが……俺には無理だった。だから、せめて最後の頼みくらいはちゃんとせねばな。だから、父上の遺体は恵慈家の墓にはおさめず、祖母様の祠の近くに墓を作る」
「そこが、晴明様の望んだ場所?」
「そうだ。鬼であっても、母は母。親不孝の償いにせめて近くで眠ると、そう言っていた」
 新月は、なんとなく晴明の気持ちがわかったような気がした。敵だと罵るも、心ではそれが辛かったのだと。
「晴明様、お可哀想」
「1番、辛い立場であったろうな」
 新月は頷くと、葛葉の部屋に向かった。そして、葛葉の側に静かに居た。ただそれだけだったが、泣き崩れる葛葉には何よりありがたかった。
 

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品