幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-51

   

夢路の前に、1匹の妖鼬が現れ……。

 

「毎日、毎日。夢路の事を聞くのだ。そしてな、今日は何を書こうか、いつも考えているのだぞ」
「返事をしたら甲ちゃんが私を忘れられないといけないから……」
 葛葉は、溜め息をついた。
「夢路は、母親の事を覚えているか?」
「……ええ。しっかり、覚えています。私が3つの時に病気で亡くなりました」
「父親の事は覚えているか?」
「覚えています。時々、元気かと今でも思います」
「では、獅郎のことは?」
「忘れるはすがないでしょう」
「それはなぜ?」
「それは、大切な肉親だから」
 葛葉と夢路の問答のような掛け合いが続いた。
「甲蔵にとって、夢路がお前の母親や兄のような存在なのだ。忘れろと言われて、忘れられるものか?」
「…………」
 夢路は何も言わず、硯に墨をすり始めた。
「甲ちゃんは、私に毎日文を書いてくれます。毎日、毎日……それがいつも眩しくて、私も返事をしたかった。けど、そうしたら甲ちゃんが私の為に幸せになれない気がするんです」
 夢路は、静かに筆を走らせた。
「皆で過ごしてた、あの頃が懐かしい。収穫祭は本当に楽しかった。今年も、行けると思ってたのに……」
「夢路。たまには、甲蔵に会ってやらんか? あの子も、また背が伸びた」
 夢路は首を左右に揺らした。
「お前を怖がるような、年齢でもなくなったぞ。あの子は、今もお前を待っている」
 夢路は何も答えず、静かに文を畳むと葛葉に渡した。そして、思い出したかのように部屋の奥引き出しから小さな袋を出した。
「これは、私が古着でこさえたお守り袋です。甲ちゃんに、渡してください」
 葛葉が受け取ると、いい匂いがした。どうやら香が入っているようだ。
「わかった、渡しておこう」

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク