幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-52

   

初めての相手が妖鼬だなんて、お笑い草だ。笑い過ぎて、死んでしまいそう。けれど、それ程にこの姿が憎かった。憎くて、憎くて。嘘でも、ほんの僅かでも可能性があるなら、それに縋りたかった。

 

 翌朝、甲蔵は葛葉と共に部屋を訪ねてきた。
「夢路! 里で人気の団子買ってきたんだ。前に文に書いたろ。一緒に食べよう」
 夢路の姿を見るも、甲蔵は臆せず叫んだ。その姿は一部であるが、最初で最後に皆で集まった時に見ていた為、覚悟は出来ていた。
 あの時のように、頭巾はしていない。布に包まれたマネキンが、着物を着て話をしている、そんな風景だった。見ようによっては、不気味にも思える。
「甲ちゃん、ありがとう。今、お茶いれるね。甲ちゃんは、少し甘いお茶が好きだったよね。普通のお茶は苦手で」
 夢路は懐かしむように、くすりと笑った。
「夢路、普通のお茶でいいよ。甘くなくても、もう飲めるから」
 改めて見てみれば、甲蔵の姿は小さな少年から大きな少年へと変わろうとしていた。
「暫く見ない間に、甲ちゃんは随分大きくなったのね」
「もう、12だ」
「そう。そっか……。この前まで、兄上や父上におぶわれてたのに」
「早く大人になりたい。そうしたら、夢路をお嫁に出来るのに。兄上達みたいに」
「お嫁に……そうね、ありがとう。さあ、お茶が入ったわ」
 葛葉は、その様子を見て少し安心した。
「何かあったら、呼んでおくれ。私は、他にやることがあるからあちらに戻っているよ」
 と、声を掛けると、母屋に戻っていった。
 それから、2人は暗くなるまで夢中で語り合った。
 日が落ちてもなかなか戻ろうとしない甲蔵を気にかけて、葛葉が様子を見に来た頃は、辺りは真っ暗な闇に包まれていた。
「甲蔵、そろそろ就寝の時間だ」
 葛葉の言葉に、甲蔵は不満げな顔を向けた。
「昔は一緒に寝てたし、同じ屋敷なのに、なんでそっちに行かなきゃいけないんだよ。俺は、このまま夢路とこっちにいる」
 葛葉は、困った顔をした。
「それはそうだが……お前は大人になるんだろ。じゃあ、夢路と寝るのはおかしな話だ。それに、夢路も迷惑だろう」
「迷惑か?」
 言われて泣きそうな顔で、甲蔵は夢路に向き直った。
「甲ちゃん、また明日おいで。明日はもっと大切なお話がしたいから。今日は、母上の事を聞いて」
 夢路に説得され、甲蔵は渋々うんと言った。
 

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク