幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-53

   

「こんななりでも、私にはこの子を間引くことなど出来ません。ですが、この子は人ではない。母上、どうかこの子を間引いてください」

 

「すまんかった……。私が、ついていながら……何も出来ず……全ては私が存在したから……」
 半分はそうであり、半分はそうではない。葛葉がいなければいないで、恵慈家も里も別の形で終わりを告げていただろう。
「母上がいなければ、私はここにはいません。幼き日、山で野垂れ死にしていた。こうなるなら、父上の代わりに私が死ねばよかったのです」
 夢時の優しさは、姿を失っても変わらない。だからこそ、葛葉はどうにかしてやりたかった。
「お前は、妖鼬の稚児を産むつもりか? 恐らく、お前の腹には今……」
 夢路は、自らの下腹部をそっと撫でながらコクリと頷いた。
「それしかないでしょう。恐らく、もうそうするしかない程に育ってしまっております。私にはわかる。この異様な速さと、それに伴う邪気が。私は化け物を産み、化け物の母となります。母上、この子が産まれたら、この子を殺してください」
「何を……?」
「私は、酷く後悔しています。あんなイタチごときに、この呪いが解けるはずないのに。あの時、私の肌は砂のように崩れて消えた。これは、呪いなんかじゃないのだから」
 もし呪いであるにしろ、龍神の分魂である葛葉に解けない呪いを、妖鼬ごときが解けるはずないのだ。恐らく、妖鼬は稚児を産ませた後、弱った夢路を喰らうつもりだったのであろう。龍神の血を貰った夢路の血肉魂は、弱小妖怪にとって恰好の餌である。力を強めるために、欲しがっても仕方なかった。子も同様に、柔らかい血肉と穢れなき魂を、ご馳走にするつもりであったろうに。
「夢路。イタチは私に任せろ。イタチはお前の腹の稚児の事を知っておるのか?」
「はい、存じております。毎晩、稚児を楽しみに見に来るのですよ」
「そうか。私の事は、決して話すな。今晩も来るな?」
「恐らく」
 葛葉は、人型の札を取り出した。
「これを、イタチに気付かれぬ場所に貼っておけ。必ず、お前を助けてくれるから」
 夢路は、頷いた。だが、そこには少しだけ迷いもあった。イタチの嘘を、何処かで信じたい自分が居たのだ。
 

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品