幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-54

   

「夢路、ずっとここにいたいよ」

互いの想いは、痛々しい程に……。

 

「夢路に逢いたい」
 夢路の体調が悪くなってから、甲蔵は夢路に会っていなかった。葛葉からそれが夢路からの望みだと言われれば、不満を持ちながらも承諾するしかなかった。
「まだ、夢路は身体が悪いの? 俺には、なんで会ってくれないの?」
 葛葉は困り
「夢路の病はあまり思わしくなくてな、お前はまだ幼いから病が移るといけない」
 と、言って聞かせた。
 が、ある日、甲蔵は葛葉の目を盗んで夢路の居る離れにこっそり入った。どうしても、ひと目でよいから夢路に会いたくて仕方なかったのだ。葛葉に怒られるのは承知の上だった。
 離へは、母屋と繋がる長い長い廊下を歩いて行く。その間には池があり、廊下の下を錦鯉がゆるゆると泳いでいた。
 離に行くには、廊下を渡るしかないのだが、そうすると葛葉に見つかってしまう。その為、甲蔵は池を泳いで渡ることにした。
 泳ぐと言っても、まだ春先で朝と夜は肌寒い。そして、昼間はぽかぽかと暖かい程度である。冷たい池に入るのは、流石に辛い季節でもあった。それでも、どうしても夢路に逢いたい甲蔵は、早朝の日も登りかけた程度の暗闇の中、服を頭の上に乗せると池の中に足を入れた。
 想像以上の突き刺すような冷たさが全身に走り、思わず声を上げそうになったが、それを必死に抑えた。
 池は思っていたより浅かったのが幸いで、入りきっても胸まで届かない程度だった。
 池の底は、ぬるぬるして気持ちが悪い。そして、気を抜けば滑りそうだった。それをゆっくり慎重に歩いて渡りきる頃には、夜が完全に明けようとしていた。
 池から上がったところで、雨戸が動く音がした。
 冷えきった身体は思うように動かず、ただ驚いた拍子に肩が動いたところで、雨戸の向こうの夢路と目が合った。
「あ」
 甲蔵が小さく声を上げた。
「甲ちゃん!」
 怒るより先に驚き、心配になった夢路は庭に飛び降りて甲蔵を抱きしめた。少年の震える身体が夢路に伝わった。
「甲ちゃん、何があったの?」
 意味が分からず、真っ青で震える甲蔵を夢路が抱きしめた。
 甲蔵は、大好きな温もりに包まれ、急に眠気に襲われた。
「夢路……暖かい」
 ぽつりと呟いて、甲蔵は深い眠りに落ちてしまった。
 

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品