幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-57

   

数年振りに蜃が里に戻る。里の姿は、大きく変わっていた。

 

 蜃が風呂に入っている間、玄武は里の定食屋へと走り、食事と酒を用意させた。
「気持ちよかったぞ。すまなかったね」
「いいえ、突然の事で、なんのお構いもできず」
 蜃の目に映る玄武は、綺麗で逞しさもある青年だ。
「お前、いくつになった?」
「20です」
 蜃は、声を上げて笑った。
「そうか! もう、そんなになるのか!! そりゃ、気付かぬうちに、俺もジジイだ」
「え! ジジイだなんて、そんな。それより、この酒飲んでみてください」
 蜃は、玄武の酌した酒を1口飲んだ。すっきりしながらも、濃厚なしっかりした味が口の中に広がる。飲んだことがないほどに、上等な酒だとわかった。
「美味いな。無理したんじゃないか?」
 玄武は酒を褒められ、少しだけ照れて見せた。
「俺が玄武領の領主になってから、手掛けた最初の酒なんです。玄武領では、酒造りに力を入れています。俺の力が、酒造りに向いているから。村人が度々外に売りに行ってくれるんですが、幻の酒だと呼ばれ始めてます。これから、もっと有名になるといいなって」
「なるさ! この酒なら、天下の織田信長も気に入るはずだ」
「織田?」
「お前は、外の世界に疎いかな? まあいい、外で勢力を誇っておる武将だ。気にすることは無い。ところで、酒の名は?」
「夢路」
「ほお」
「夢路のこと、聞いた?」
「ああ、亡くなったという話だけはな」
「そっか」
「お前が、生まれるずっと前の話だ。俺も、愛する人を亡くした。身が裂ける以上に辛かったな。あの時は、周りの事もあって、泣くに泣けなかった事も多かった」
「兄上の、お嫁さん?」
「いや、何度もフラれた相手だよ」
 蜃は苦笑いを見せた。
「けどなあ、最後の最後で気持ちが通じたと思ったんだ」
「今は?」
「今も愛してるよ。でも、もう大丈夫」
「そうか。俺は、まだダメだ。ここで1人で生きていこうかと思ってるとこ」
「そういうな。何れはお前も、父にならねばなるまい」
「兄上は?」
「俺は、1人でいる」
「ずるいなあ」
「俺は、モテるからいいのだ」
 笑って過ごそう。今夜は、同じ痛みを抱えた者同士で。
 聞けば、玄武は葛葉の話と同様、1人で玄武邸に住んでいるという。嫁をとれる程、まだ気持ちは癒えてはいない。
 食事は、決まった玄武領の定食屋がいつも運んで来てくれるから問題はないそうだ。洗濯や掃除も、毎日玄武領の女達が世話しに来てくれる。家族のようなものだと話していた。

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク