幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

現代ドラマ

鈴子 第十七回 二人三脚

   

 
一方、政治はと言えば、平成27年は大きな動きがいくつかあった。

まず、選挙権年令を「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が6月17日の参議院本会議で成立した。昭和20年(1945年)以来、70年振りの見直しだ。

続いて、9月19日には現政権が最重要課題と位置付けた集団的自衛権行使を限定的に可能にする安全保障関連法が同じく参議院本会議で賛成多数で可決、成立した。

翌10月には日米など12カ国が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に大筋合意した。

こうしたことについて、落選中の者は現職議員に比べ、情報入手が中々できず、苦労するものだが、健一には助けてくれる者が沢山いた。

2年半と短い議員生活ではあったが、真面目に党務に取組んだことを党職員は忘れない。

「大木先生、法案の事前審議資料と議事録です。」と随時資料を送ってくれる。

そして、何より心強かったのは、当選11回の重鎮、金田議員ら良識派議員に目を掛けられていたこと、これは健一を大いに勇気づけた。

「大木君、ちょっと出て来い。」

彼らは重要な審議の前には会派の会合に参加させてくれ、その上、「君はどう思うんだ?」と必ず意見を求めてくる。

「政治家はいつも勉強だ。」

これは金田議員の口癖だった。

健一もそれに応えるべく、頂いた最新情報を基に、独自の分析を加え、支援者向けに「健一政治レポート」の発行を続けていた。

 

-現代ドラマ
-, , , , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品