幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-61

   

数年ぶりに、麒麟と蜃の手合せ試合が行われる。

 

「母と言うものは、遺伝子に組み込まれているのか……考える事は、同じなのですね」
「そうかもしれんな。お前は子を産みはしなかったが、それでも立派な母親なんだよ」
「……はい」
 黄龍がやっと笑った、と蜃は少し安心した。
(さてと、麒麟からも話を聞かねばな)
 と、蜃は残りの酒を飲み干した。
「今夜は、もう遅い。黄龍も寝るといい」
 黄龍は蜃に一礼すると、部屋を出た。

 翌朝、朝餉の席で蜃が麒麟に話を振った。
「麒麟よ、この後久しぶりに手合わせしよう」 
 麒麟は、思わず噎せた。
「は? 藪から棒に、突然なんだよ」
「10数年前の約束を忘れたのか?」
「なんか、したっけ? 忘れたわ」
 しれっと食事に戻るので、呆れながらも蜃の口元が引きつっているように見えた。
「どっちが強くなっているか」
 蜃が低い声で言うが、麒麟は素知らぬ顔で
「兄上に決まっておろうが」
 と、返した。
「兄上は、武者修行をしていたのだろ。俺はここでこうして飯食って子育てして札書いて寝るだけだ」
「では、お前は俺が留守の間、なんの稽古もしてはおらんと?」
「青龍達も近くにいないし、黄龍相手にする訳にもいかんし……仕方あるまい」
 と、麒麟は食べ終わった食器を重ねて置いた。
「さて、俺は仕事でもしようかな」
 独り言のようにも聞こえるし、誰かに告げているようにも聞こえる。麒麟はそう言うと居間を出て行った。
「……蜃様、麒麟はああは言いますが、稽古は忘れていませんよ。ついでに言えば、仕事は隙あらばサボろうとするし……また、負けるのが嫌なんだわ」
「今更か」
「蜃様に勝てないのは、幼少の頃からのコンプレックスです。旬介の前で負けては、しめしがつかないでしょうし」 
 蜃は、大きく溜め息を吐いた。
「さっきから聞いていれば……お前達2人して、勝負する前から負けだと決めつけるな。あいつも、最初から負けると思うから負けるのだ」 
 蜃も立ち上がり、居間を出た。
 蜃は、真っ直ぐ麒麟の部屋へと向かった。
「麒麟、早う用意せえ!」
 バーン! っと麒麟の部屋の障子が勢いよく開け放たれた。ぎょっとした顔で、麒麟は仁王立ちの蜃を見てから、ムッとした。
「突然入ってくるなと俺に教えたのは兄上でしょう」
「ああ、そんな事もあったな」
 パン! っと後ろ手で蜃は、障子を閉めた。
「さて、母上もおらんし、寸止め勝負で頼む。自分で自分を治すのはきつい」
「は? 何言ってるんだ。俺はさっきから何度もやらんと言っておろうが」
 蜃の手が麒麟の頬をムニッと摘んだ。
「俺はお前と手合わせがしたいのだ。覚えておらんのか? 幼いお前に俺は負けかけた。だから、武者修行に出たのだ」
「ふぇど、はったのは、はにうへだ(けど、勝ったのは兄上だ)」
「たまたまな。俺はこの10数年、有名と名の付く道場は全て巡った。剣豪と名の付く相手には、片っ端から出会った。どいつもこいつも、敵ではなかった」
 麒麟は蜃から、目を逸らした。
(自慢か……)
「けど、そんな中にも俺が中々勝てない本当の剣豪も居た。その男から認められること、そうしたら帰ろうと決めてこんなに掛かってしまったのだ」
「ふうん。ふああ、はっはり、はにふへのがつほい(じゃあ、やっぱり、兄上のが強い)」
「そう思うか? けどな、一つだけお前に教えといてやろう。俺は何人も負かした、剣豪にも認められた。しかし、まだ人だけは殺したことがない」
「……はにが、ひひたい?(何が言いたい?)」
 蜃は、麒麟の頬から手を離した。
「お前と覚悟が違う」
「黄龍から、聞いたんだな。 覚悟ってなんだよ」
「お前のその覚悟は、俺の10数年より重いだろ」
「…………」
 麒麟は奥歯を噛み締めた。今更、思い出したくもない。
「俺と勝負してくれ。でないと、俺の武者修行の、これまでの10数年が無駄になる」
「無駄にはならんだろ」
 麒麟は少し考えてから
「わかった。少し待っててよ。すぐ行くから」
 と蜃に告げた。
「よし!」
「あーあ、折角兄上の顔を立ててやったのになあ。フルボッコにされても文句なしだかんな!」
「ああ。されるかよ」
 

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品