幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-65

   

祠を破壊していたのは、里のものとは思えないみすぼらしい子供だった。

 

「じゃあ、お前等の身体に付けられた相克印はどう説明する気だ!」
「知らねーよ!!」
 泣きわめく旬介からも話を聞こうと、黄龍の手を麒麟が止めた。
「何する!?」
「黄龍、落ち着け。少し話を聞いてやってくれ。それじゃ反省する間もないだろ。旬介、少し泣くのをやめて何があったか話してみろ。変わった事はなかったか?」
「……ふぇ……えっぐ……」
「話さねば、先に進めんぞ」
 旬介は、泣きながら話し始めた。
「本当に……魚捕って……遊んでたら……大きな音がした……多分、青龍さんが言うのと……同じ。そしたら、イタチが飛んできて……殺したら、変な……ドロドロしたのふきかけてきた……ふぇえ……」
 横から藤治が続けた。
「汚れたから洗ってたけど、臭いし気持ち悪いし、気分悪くなって帰ってきたんだ! 帰ったら、麒麟さんにあの音なんだったか聞こうと思ってた」
 自分の可愛い可愛い息子が、嘘を言うとは思えない。しかし、あの時と同じ悪い予感がするのは事実だった。黄龍は旬介の背中を優しく撫でると「もうよい」と、彼を膝の上から下ろした。
「何があったか調べる必要があるだろう。迂闊に人は送り込めん。俺が行こう」
 麒麟が言うと、納得いかないと藤治が食ってかかるように問うた。
「相克印ってなんですか!?」
 言い方がよくない。と、朱雀が息子の頭を抑えた。
「血を封ずる呪いの印だ。あの術を使える者は、母上と兄上を除く2人しかしらん」
「そういえば、先程の戦の件も含めて母上と兄上は何処まで知っている?」
 朱雀が答えた。
「まだ、お前にしか話とらんよ」
「そうか、はっきりするまで黙っておこう。面倒だし」
 黄龍が頭を抱えた。
「黙っていた方が面倒だと思うが……まあいい」
 納得したのは大人達だけで、余計な濡れ衣を着せられた2人の息子は黙ってなどいられるはずも無かった。
「他に犯人がいるって事なんだな!」
 藤治の言葉を合図にするかのように、旬介も立ち上がり、大人達が止める間も与えず2人して飛び出してしまった。
 黄龍達がハッとした時には、既に2人の姿はその場にない。
「き、麒麟。まずい! 急いで追わねば」
 面倒なのか呆れたのか、どちらにでも取れるような深い溜め息を吐きながら、麒麟も後を追う準備を始めた。

*****

 

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品