幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

恋愛 / ラブ・ストーリー

ふり返れば、愛慾。12【待つ男】

   2010年9月22日  

待つって並大抵のことじゃ出来ないと思うの

知っていて知らなかったフリしているよりずっと

私が間違っていたのかしら…
忘れられない男がいる

そういうのって、あるでしょう?
それでもやっぱり私が間違っていたのかしら…?

最終話です

 

「怒っていたんじゃないの?」

 残された私達。

 重い沈黙が嫌で、私の方から口火を切ったの。

「オレ自身に怒っています。あの時、くだらない意地張らずに彩香さんの呼び止めにいい返事していたら、笹部さんとホテルに行って、あんな目に合う事もなかったのにって」

「あんなこと……って、知っているの?」

「圭吾さんが……姉貴が荒れているって……オレに、知らないかって聞かれて」

「良高から、聞いたの?」

「違う。今の女性が突然訪ねて来て……笹部良高と岸谷彩香を別れさせたくないかって」

「別れさせたかったんだ……」

「そりゃ、オレだけの彩香さんでいて欲しいから。自分に力量ないことも知っていて、生意気な感情だけど」

「いつ、知ったの……私と良高のこと」

「なんとなく。他にいるんだろうな、男っていうのは。それが笹部さんだって知ったのは、あの企画の時。笹部さんんが彩香さんを見る視線は、男の視線だった。で、ホテルから出てくるところ目撃。決定的」

「でも、仕事の為とかなんとか……」

「こういう業界、仕事取る為に寝るって話聞いてたから」

「それが全てじゃないけれど……」

「昔の男?」

「そうね。はじめての男じゃないけれど、私を本当の意味で女にしてくれた人。忘れられないわ」

 

-恋愛 / ラブ・ストーリー

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

おすすめ作品

BAD=CHILD 2

LOTUS 〜Lady Luck〜

Home made 恋レシピ 11

恋の足音1

LOTUS 〜Pretty Girl〜 <前>