幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

風景の見える箱

   

 
 だけれど彼女からの反応はない。

 霜がおり、冬間近かと思わせられた10月下旬、気温が平年並に戻り11月から少しずつ南から葉が色づき紅葉が北上していく。

 紅葉北上に合わせるように、僕の仕事も南から北へと移動していき、ブログにあげる画像は土地折々のもみじが続いていた。

 自分のブログ更新と短い期間で移動を繰り返す仕事柄、彼女のブログへ行くこともなく季節は暦通り冬になっていた。

 

-ノンジャンル

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品