幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

風景の見える箱

   

 まあ、それは僕の書いたブログを見てよ。

 日付はカレンダー見て貰えればわかるように、大型連休真っただ中の後半。

 ブログの出だしはこう……

『5月2日。本州最北端に程近い、某市にある某ホールにいます。明日、このホールで行われる某アーティストのライブ。その前のりをしました』

 ようするに、イベントのセッティングその他もろもろを扱う会社の、現場スタッフというのが、僕の仕事。

 美大出て、デザインや企画の仕事する為に入ったのだけど、春の人事異動でデスクワークから現場に異動になってしまった。

 ま、そんな僕の愚痴はこの辺にして。

 ブログの続きを見てみてよ。

 

-ノンジャンル

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品

1985年、僕らは…… 1通目

妬みの歯車 #3

アンチエイジ・タブレット

狙撃ゲームの行方

書くの辞めたい 第一夜 作家もどきの本音