幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

恋愛 / ラブ・ストーリー

罪咎∞ #2【濡れて】

   2011年1月26日  

「久しぶり。随分探したのよ――」
 背伸びしてさしだす傘。
 男の俺が手にするには不似合いな、パステルカラーの傘の中に俺はいる。
 声のする方へと視線を落とせば、見事な黒髪を綺麗に伸ばした少女が立っていた。

 

 六月の終わり、平均より遅い梅雨入りした時。

 運悪く俺はまた体力仕事に借り出されていた。

 傘をさすほどでもない小雨。

 しかし時間が経つほどじんわりと衣服を濡らし、身体を冷やしていく。

 寒い――直感でそう感じた時、ふと降り注ぐ雨から守られるように傘をさしだされた。

 

-恋愛 / ラブ・ストーリー

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

おすすめ作品