幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

週間ランキング

  1. 「昭和の事件 第一話 真夏の悪夢」226 views / 椿童子

    「いい人だった。」 葬儀に参列した誰もがそう口にしていた。そんな彼女だが、過去の出来事を背負い、一生涯独身だった・・・...

  2. 「有名人どっと込む」68 views / 田中大也

    支店長にひとしきり怒られてから無名の工場に「営業」しに行った彼は、活気のなかった工場に異様なほど著名人が詰めかけているのを見つけ……。...

  3. 「昭和の事件 第四話 シンナー遊び」51 views / 椿童子

    すっかり変わってしまったクラスメートに戸惑い、先生方も心配していたが、悪い予感は当たってしまった...

  4. 「もっとも効率的な」49 views / 田中大也

    須藤はAIで理想の立地を探し出し、商品の陳列を行っていくサービスに手を出した。しかし──...

  5. 「生克五霊獣-改-38」36 views / 榊音

    『この屈辱、晴らさずおくべきか』恐れていた2人が、再び復活してしまい……⁉...

  6. 「生克五霊獣-改-39」28 views / 榊音

    「だから、俺は死ねません。どんなに辛くても、やるしかないんです」

  7. 「生克五霊獣-改-37」27 views / 榊音

    「教えてください。蜃様は、何故妻を娶らないのでしょう?」

  8. 「生克五霊獣-改-36」22 views / 榊音

    「母上が……一緒に……死のうと言うんだ……お蝶姉さんのように……里のために……だから、俺……新月との約束……守れない」...

  9. 「昭和の事件 第二話 人間蒸発」18 views / 椿童子

    今回は出稼ぎに伴う悲劇、「人間蒸発」です。

  10. 「モモヨ文具店 開店中 〜名入れ承ります〜」18 views / 三日月理音

    日の出県月世野町二丁目。県道十二号に面した場所にあるモモヨ文具店。 店主の福永百代(ふくなが ももよ)さんが経営するのは、先代から受け継いだ六坪ほどのお店。 今回は引き戸に張られた【鉛筆一本より無...

  11. 「腐女子的妻の策略 後編」16 views / Nagisa

    ゆきえから手渡されたディスクの中身はだいたい想像ができる——そう高を括って映像を見たまさゆきは流れる映像に目を疑った。 妻以外の者と肌を重ねる義弟はるきの姿に……...

  12. 「探偵の眼・御影解宗の推理 【ぼくらのガーベラ】2」15 views / 時御翔

    茨城県へ出張となった御影と輪都。互いに譲れない妙なプライドが二人の間に溝を深める。...

  13. 「私たちの結婚」14 views / 椿童子

    話すのも恥ずかしい新婚旅行、小さなアパートで始まった新婚生活、あっという間でした。 今、私は76歳、主人は79歳、幸せです。...

  14. 「晴れ、のち【2】」14 views / 古葉レイ

    自分には似合わない場所で、そわそわしながらさ迷う彼の、ちょっとドキドキした雰囲気が伝われば幸いです。 彼が頑張る、理由は何か。...

  15. 「探偵の眼・御影解宗の推理 【ぼくらのガーベラ】3」13 views / 時御翔

    輪都は遠い親戚のように馴染んでいた。御影は傍ら内輪の話しに耳を傾けるだけだった。...

  16. 「お見合い相手は恋人未満 六~終章」13 views / Nagisa

    やっと互いの気持ちを打ち明けあい、大学時代から相思相愛だったことを知ることができた。...

  17. 「殺させ屋への依頼」13 views / 田中大也

    某国のスラム街深奥部には、「殺させ屋」という「サービス」が存在する。金で動く殺し屋とは異なり、ターゲットを依頼者自身に殺させるのである。...

  18. 「晴れ、のち【1】」13 views / 古葉レイ

    汗の掻いたグラスが眩い。垂れた水滴が、ヤッコの指先を濡らす。 それを横目に俺は、ふとある事が気になった。...

  19. 「にゃんと素敵な東雲市役所猫支店 フクちゃんの秘密編」12 views / 三日月理音

    私、篠原みづきは売れない作家。 ある日、飼い猫のフクちゃんを追いかけてベランダに向かうと、世界が暗転。気づいたら猫が人の姿をした東雲市役所猫支店にいた。...

  20. 「探偵の眼・御影解宗の推理 【ぼくらのガーベラ】1」12 views / 時御翔

    ちびちびとバーボンを一気に飲み干してむせる若き探偵は、一つ大人の世界を学んだ。 最近、胸が踊るような依頼がない。それに嘆く御影探偵だった。...

投稿日:2016年10月7日 更新日:

執筆者: