幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

週間ランキング

  1. 「昭和の事件 第一話 真夏の悪夢」37 views / 椿童子

    「いい人だった。」 葬儀に参列した誰もがそう口にしていた。そんな彼女だが、過去の出来事を背負い、一生涯独身だった・・・...

  2. 「ノエルの鐘」37 views / 早乙女雫

    教会の時計を管理しているジョセットじいさんは、朝から大忙しだった。 年に1度、クリスマスの夜にだけ時計の鐘が鳴るのだ。...

  3. 「鈴子 第十七回 二人三脚」31 views / 椿童子

    鈴子を愛してくれた祖母が89歳で亡くなった。悲しみを乗り越え、鈴子は地域活動に取り組み、その努力は共感を呼ぶ。...

  4. 「探偵の眼・御影解宗の推理【サンライズ出雲・Life Game】21」16 views / 時御翔

    御影の策を信じてゴールを拒否するべきか、それとも目先のゴールにたどりつきカップを手にすべきか、誘惑に揺れている──...

  5. 「探偵の眼・御影解宗の推理【サンライズ出雲・Life Game】20」15 views / 時御翔

    会場の外にでるとある人物が御影を待っている。そして秘宝の在処について驚くべき真実を御影は語るのだが──...

  6. 「なな★しき ~次元管理員 七尾と志紀子~ 終章 七尾と志紀子」15 views / 万里ちひろ

    七尾と志紀子は、これからも2人で次元世界を駆け抜けていく。これにて完結──...

  7. 「鈴子 第十三回 政治家の愚かさ」14 views / 椿童子

    夫を支えなければいけない。鈴子は山形所長らとともに、地盤固めに努力する──...

  8. 「昭和の事件 第二話 人間蒸発」12 views / 椿童子

    今回は出稼ぎに伴う悲劇、「人間蒸発」です。

  9. 「昭和の事件 第三話 オイルショックとマルチ商法」11 views / 椿童子

    昭和48年(1973年)10月6日、第四次中東戦争が勃発し、それに伴い起こった、原油が高騰する第一次オイルショック。...

  10. 「見習い探偵と呼ばないで! Season20-19」11 views / 時御翔

    地下へと近づく無数の足音。それは敵か味方。御影たちの前に現れたのは、国家転覆をもくろむ本山らだった。...

  11. 「見習い探偵と呼ばないで! Season2-2」11 views / 時御翔

    探偵のメンバー紹介が続くが、女性もいたり、事情があって探偵になったものもいることがわかった御影。 また探偵同士のいざこざがあるという、仲間であってそうでもないことがあることもわかった。 だから安易...

  12. 「見習い探偵と呼ばないで! Season1-4」10 views / 時御翔

    数日が過ぎて、御影は就職先を探すために、ハローワークにいた。だが、これといって興味ある職種はなかった。 ひとり途方に暮れながら、気晴らしをするために百貨店のインテリアショップに赴いた。気まぐれに。...

  13. 「御影探偵の推理〜人捜し編」10 views / 時御翔

    探偵見習いの御影(みかげ)は、助手の輪都(わと)と共に、人捜しを依頼された。質素な印象の外見である母、娘ふたりの3人。 10年前に失踪した父(祖父)を捜してほしいと。 「今になって?」御影はとうぜ...

  14. 「探偵の眼・御影解宗の推理【サンライズ出雲・Life Game】17」10 views / 時御翔

    泉州公和はカップの秘密を解いていた。その秘密を妹の小夢が持っていたことに由真は激昂する。...

  15. 「見習い探偵と呼ばないで! Season20-18」9 views / 時御翔

    “多仁”という名を口にした途端、阿澄は動揺の色を隠せずにいた。 逆上した阿澄は政木に飛びかかり…。...

  16. 「見習い探偵と呼ばないで! Season20-3」9 views / 時御翔

    “見習いは卒業だ”。 ついに御影は探偵の称号をこんな状況下で授与された運びになった。...

  17. 「見習い探偵と呼ばないで! Season1-2」9 views / 時御翔

    探偵の採用試験がどういうものか、よくわからないで御影は挑んだ。が、筆記試験と体力テスト、そして探偵としての適正とセンスを試されることになる。 御影は、この試験のなかで、探偵としての適正とセンスに苦難...

  18. 「見習い探偵と呼ばないで! Season20-15」8 views / 時御翔

    国会議事堂から安賀里総理を誘拐した三人の男たち。ベンツ車に乗せて中央玄関から堂々と連れ出したのだ。...

  19. 「不倫の果ては・・・」8 views / 文月なつな

    今井朝子は、中学の同窓会で再会した、田川洋一郎と不倫関係を持ってしまった。 しかし、夫である秀行の存在の大きさに気づき、不倫をしている自分の愚かさをに涙が出るのであった。...

  20. 「私たちの結婚」8 views / 椿童子

    話すのも恥ずかしい新婚旅行、小さなアパートで始まった新婚生活、あっという間でした。 今、私は76歳、主人は79歳、幸せです。...

投稿日:2016年10月7日 更新日:

執筆者: