幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

週間ランキング

  1. 「昭和の事件 第一話 真夏の悪夢」216 views / 椿童子

    「いい人だった。」 葬儀に参列した誰もがそう口にしていた。そんな彼女だが、過去の出来事を背負い、一生涯独身だった・・・...

  2. 「不忘夜話3・黄色い坂」77 views / 家門道一

    あれは何だったのだろうか。

  3. 「鈴子 第十二回 巧妙な絡繰り」67 views / 椿童子

    健一の政治資金帳簿にあった「小池企画」は、池田議員が作った資金洗浄のトンネル会社であることが分かった。...

  4. 「スクープはいとも簡単に8」40 views / 時御翔

    美桜が通う大学に潜入した快場だった。とりわけ普通に勉学に励んでいる様子だった。...

  5. 「不忘夜話2・教室の花子さん(後)」31 views / 家門道一

    “超能力”、というものかどうかは分かりませんが。

  6. 「俺たちのモクサン(6・完)」30 views / 田中大也

    勝利の確信をもって木製扉を叩き壊した西川は、予想もしない光景を目にするのだった。...

  7. 「続・チャイナ 大連」15 views / 椿童子

    私は友人の結婚式に出席するため、中国遼寧省の都市、大連に出掛けた。

  8. 「俺たちのモクサン(5)」13 views / 田中大也

    西川とその子飼いの警備隊たちの「仕掛け」が本格化していった。篠田や杉下たちは極めて苦しい戦いを強いられていく。...

  9. 「渚-nagisa-(15)」13 views / R・T

    突然の山本亜里沙の告白。そして偶然そこに居合わせた水森ハルカ。距離が近づき始めていたタケルとハルカに割ってはいるような形になった亜里沙。三人の微妙な関係が、このとき始まろうとしていたのだが……。...

  10. 「不忘夜話1・予兆」12 views / 家門道一

    東日本大震災への鎮魂です。

  11. 「家元 第二部 母と娘(後編)」12 views / 椿童子

    泥沼と化した日中戦争、様々な規制が敷かれていた。舞踊界も例外ではなかった。...

  12. 「渚-nagisa-(2)」12 views / R・T

    始業式を終えクラスに戻ったタケルは、今朝出会った水森ハルカという、少し浮いた存在の彼女の事を思っていた。...

  13. 「ユキさんのいた図書室」11 views / 田中大也

    過疎化が進む山奥の村、原砂見。 敏夫は、その村の中学に通っていたが、向学心と、日々あつれきが増していく現実から逃避するため、廃校になった高校の図書室に通い、本を読みふける日々を送っていた。...

  14. 「渚-nagisa-(12)」10 views / R・T

    タケル達の前に現れた純也。自慢のリーゼントは剃り落とされ、野球部員のように頭を丸めたその姿を見て、タケル達は戸惑うばかりだった。...

  15. 「渚-nagisa-(14)」10 views / R・T

    急な腹痛に襲われ、バッターボックスでうずくまる弘樹。クラスメートが心配する中、義男だけは遠目から弘樹のことを見つめ、ニヤニヤと不敵な笑みを浮かべていた。...

  16. 「鈴子 第十一回 不信」9 views / 椿童子

    カラオケは避けていたのに、なぜ長唄を?それ以外にも、最近はスーツの好みが変わるなど、鈴子は変な胸騒ぎを覚えていた。...

  17. 「不忘夜話2・教室の花子さん(前)」9 views / 家門道一

    “山田花子”、平凡な名前ではあります。

  18. 「ゾンビは色々解決する(1)ゾンビは過労死を解決する」9 views / 田中大也

    新井里美はモグリの医者だが、日本でも数少ないゾンビ専門医師としての知識を持っていた──...

  19. 「渚-nagisa-(3)」9 views / R・T

    木下純也の突然の申し出に戸惑うタケルと弘樹。まさか二人が姉弟だとは思っても見なかった二人は、純也からここにいたるまでの経緯を聞かされることになる。...

  20. 「渚-nagisa-(13)」9 views / R・T

    弘樹の実力を試すため、野球部と一打席だけの勝負をすることとなった弘樹。今年のルーキーである一年生のピッチャーが投げたボールを、バットの芯で捉えた弘樹だったが……。...

投稿日:2016年10月7日 更新日:

執筆者: